西島悠也の福岡フリマテクニックを紹介

西島悠也|値段設定

 

西島悠也

 

 

いまやメルカリなどで使わなくなった服を個人で売りに出すことは当たり前になったが、少し前まではそのような場合はフリーマーケットに出すことが一般的だった。
週末などに公共の広場で開かれ、非常に安価で中古品を売り買いできる場であり、非常に楽しいイベントである。

 

このフリーマーケットを行うときに最大の肝となるのが、値段設定である。
もちろん高すぎては売れないし、安すぎると損をしてしまう。適正価格を見定め、ニーズを読み取ることが非常に重要なのである。

 

メルカリなどのフリマアプリをのぞいてみると、割高な料金設定にしている人が多いように感じる。
忘れてはいけないのが、あくまでも「いらなくなったっもの」であるということだ。

 

フリーマーケットはメルカリなどと違って非常にその辺はシビアだ。
価格設定を間違ってしまうと当然売れないどころか、他の商品も見てくれない、立ち止まってくれなくなる。
それほどフリーマーケットにおいて価格設定は重要なのだ。